シロアリは駆除業者に退治してもらおう【白い悪魔を打ち倒せ】

2人の男性作業者

工法の違いを知る

室内

住宅で見かけることのあるシロアリは、専門業者が用いる薬剤で退治することが出来ます。一般販売されている殺虫剤でも退治することが出来ますが、大量にいるとあまり効果を発揮してくれません。そのため、専門業者に依頼する必要があるのです。専門業者は主に2つの工法を用いて住宅からシロアリ被害を防いでくれます。その工法と言うのがケミカル工法とベイト工法です。ケミカル工法は薬剤を散布し床下にバリアを貼る工法で、被害があった部分に散布することでシロアリが嫌がって近づかなくなります。薬の有効期間としては5年となっているので、定期的に依頼する必要がありますが、低料金となっているので家計に負担を掛けることはありません。ベイト工法はシロアリの習性を利用した工法となっており、餌に薬剤を混ぜてシロアリを駆除してくれます。薬入の餌を発見したシロアリは、他の仲間にも食べさせるために巣に持ち帰るので、巣にいるシロアリを一網打尽にすることが可能となります。しかし、ベイト工法は駆除が完了するまでの時間が多くなっているので、すぐに駆除したい方には適していませんが、使用する薬剤は少量なので安全性は高くなっています。

シロアリ駆除業者は低料金で駆除をしてくれますが、シロアリの量により金額が異なってくるのでその点には注意しましょう。初期の段階なら料金は数千円と安いですが、大量に発生しているとその分薬剤の量が多くなってしまうので、数万円ほど必要になってしまいます。そのため、低料金での駆除を望む方は、早い段階でシロアリを発見して駆除を依頼するようにしましょう。